シゴト図鑑とは
旅客サービスの仕事

エアライン科の
ページを見る
鉄道サービス科の
ページを見る
シゴトリスト 旅客サービスの仕事

キャビンアテンダント画

キャビンアテンダント

旅客サービスといえば、最初にイメージするのは、きっとこの仕事。
「スチュワーデス」という呼び方が一般的だったけれど、近ごろは「キャビンアテンダント」とか、「フライトアテンダント」と呼ぶことが多くなっている。
昔も今も、若い女性にとって憧れの的。
でも、あなただって努力すれば、きっとなれる。

仕事の内容

キャビンアテンダントを日本語に訳すと「客室乗務員」。キャプテンを筆頭に、コックピットを預かる人たちは「運航乗務員」。それぞれがしっかり役割を果たすことによって、安全・快適なフライトが約束される。

言いかえれば、コックピット以外はすべて客室乗務員の領域で、担当する業務はとても幅広い。食事・飲み物の準備とサービス、雑誌・新聞・ヘッドフォンの配布と回収、映画スクリーンの準備、出入国カードや税関書類の配布、免税品の販売…。ざっと挙げてみただけでも、フライトアテンダントの仕事はこんなにある。

なかには、体調が悪くなるお客様もいるだろう。乳幼児を連れたお客様だって少なくない。そのケアをするのも、大切な役目。そして、安全に対する気づかいを、つねにしておかなくてはいけない。シートベルト着用サインが出れば、そのチェックに回る。万が一の非常事態が発生すれば、いち早く対応して、お客様の安全を最優先する。

やりがい・面白さ

こうして見てくると、キャビンアテンダントは想像以上にタフ&ハードな仕事。“憧れ”だけでは、とてもじゃないが務まらない。でも、役割が重いということは、やりがい・面白さ、充実感にもつながるわけで、これは経験を積むうちにジワジワと湧いてくるはず。 と湧いてくるはず。

それに、大空を飛び回るというのは、やっぱり気持ちがいいし、面白い。仕事とはいえ、いろいろな所に行けて、オフタイムには発着地の街で観光やショッピングも楽しめる。

難易度・大変度

最初の難関は、入社後の新人トレーニング。各国の出入国手続き、機体構造、非常時の対処法、接客マナーなど、すべてが完璧にできるまで叩きこまれる。学校では80点取れば合格だけれど、フライトアテンダントは100点以外は0点と同じ。「もう二度とあのトレーニングは受けたくない」と先輩たちが振り返る“地獄の特訓”らしい。

不規則な勤務や時差に打ち勝つ体力も必要。精神的にも、接客サービスはけっこう疲れる。何かと神経のすり減る仕事なので、自分をしっかりとコントロールできることが大切。

将来性

キャビンアテンダント(フライトアテンダント)からパーサー、キャビンコーディネーターなどへとランクが上がっていく。ベテランになれば、乗務のほかに後輩の指導などにも当たる。結婚・出産後に職場復帰する人も多い。

ちなみに、近年の客室乗務員の採用は、契約社員制をとっている場合が多い。数年後に正社員への道もあるので頑張ろう。

ページトップへ

Copyright © Travel Journal Educational Foundation. All Rights Reserved.